他人の目が気になって生きづらい

クライアント1
A子さん
ネコさん、この生きづらさって一生抱えていかなくちゃダメなのかな、、、、?
ネコの案内人
ネコの案内人
どんな風に生きづらさを感じてしまうんですか?
クライアント1
A子さん
う~ん、、、人の目が気になるというか、、別に何かされたわけでもないんですが、怖いんです、、、。
ネコの案内人
ネコの案内人
人の目が怖いというのはすごく不安に陥りますよね。私も他人が怖いという感覚から中々抜け出させなかったことを思い出しました。
ネコの案内人
ネコの案内人
きっとそういうことも鬱になった原因なんだろうなと思います。
クライアント1
A子さん
今は大丈夫なんですか?どうやって克服したんですか?

「生きづらい」というのは悪いものではない!

こんにちは、中村まみです。

他人の目が気になって生きづらさを抱えていらっしゃる方は、社交的な方はあまり多くいらっしゃらないので出会うことが少ないかもしれませんが、想像以上に多くいらっしゃいます。

酷くなると鬱や引きこもりの原因にもなりますので「他人の目を気にしない」というのは、人生においてとても重大な要素にもなります。

ですが如何せん「心」は見えないので、周囲に理解されないということも多々あると思います。

それがさらに苦しみを引き起こす悪循環になったりすることもあります。

そうなってしまうのは「心が弱いから?」「甘えているから?」「自分がダメだから?」なのでしょうか?

いいえ!それらとはまったく逆でしょう。

生きづらさがないにこしたこととはありませんが、それに良い悪いと線引きするべきではないと思っています。

ただそうは言っても、やっぱり他人の目が気になって怖いというのは、生きる上でしんどいですよね。

なので、今日は他人の目が気になって生きづらいという問題を解決する方法として、セルフワークなども交えてお伝えしたいと思います。

セルフワークは他人の目が気になって生きづらいという感覚が楽になると好評なワークなので、ぜひお試し頂ければと思います!

あなたが少しでも楽になればとても嬉しいです!

それが出来れば苦労しない!

他人の目を気にしてしまう対処法として

・他人の評価に振り回されない!

・自分自身にフォーカスする!

・ダメな自分をさらけ出す!

などといったことが挙げられることがあります。

そうやって行動してみることはとっても大切ですし、頑張ってやってみた結果出来るようになり、生きづらさから抜け出せる方もいらっしゃると思います。

ですが、出来なくて悲しい思いをされている方も多いのかなと思います。

「それが出来れば苦労しないよっ!」と思っているかもしれません。

行動する前の大切なこと

行動することも解決に重要な要素の一つではあるのですが、行動する前にしておく大切なことがあります。

それは、誰かや何かを優先して後回しになっていた「自分の気持ち」を大切にする時間を持ってみることです。

これをがないと、行動することで本当はどんどん良くなっていくことが逆に重荷になり、他の人は出来るのに私はダメなんだという結論を自分に出してしまいがちです。

本当はそうではないのに、です。

ではまずして頂きたいことですが、自分が今何を考えているのかを理解してあげて下さい。

「他人に対してどうして不安で怖く感じるんだろう?」と考えているならば「不安で怖く感じているんだね」って応えてあげてください。

自分の気持ちを大切な友達と見立てて寄り添うような言葉がけをしてみてください。

そうやって自分といる時間をしばらくの間(1,2週間程度)とってみてください。

自分自身との信頼関係を取り戻す

ここで不安や怖さが緩む方もいらっしゃいますが、もう少しご自身の気持ちをケアすることで、自分自身との信頼関係が生まれてきます。

そう!他者との関わりに不安を覚えるのは、自分との関わりが希薄だからなんです。

どうしてそうなったのか?

毒親だったから?

機能不全な家庭だったから?

いじめにあっていたから?

幼い頃に辛い状況に遭遇したから?

もしかしたらそうかもしれないし、そうではないかもしれません。

誰かに恨みつらみを言いたいかもしれません。

それを相手が受け入れてくれたら気持ちが緩むかもしれませんが、その期待はとても不安定要素ですよね。

だって相手が受け入れてくれなかったら、あなたの不安や怖さはより一層強くなるんですもの。

けれども自分への信頼関係はいつからでも構築できるんです。

自分との信頼関係を取り戻したとき、不安や怖さというものがなくなっていることに気がつくと同時に、過去へのわだかまりも緩んでいることが分かると思います。

だからこそ最初にすべきことは、自分自身との信頼関係の構築なんです。

自己信頼を取り戻すエクササイズ!

《用意するもの》

・画用紙

・クレヨン or 色鉛筆(100均のものでOK!)

・あなたのハート(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)

《方法はたった3ステップ!》

1.画用紙にお好きなクレヨン(or色鉛筆)で、他人への不安や怖さを描いてみる

↓こんな感じで気の向くままでOK!
自己信頼を取り戻すエクササイズ

2.目を瞑り、イメージの中でその画用紙を海に流す

3.イメージの中で、波にのってどんどんどんどん遠くに流されていく画用紙をゆっくりとした呼吸とともにただただ眺める(やがて画用紙は見えなくなる)

ネコの案内人
ネコの案内人
不安感が少しでも緩んでいれば成功しています!日をおいて何度かやってみてください。

不安や怖れの本当の原因は?

潜在意識にある生きづらさの原因

このエクササイズで不安感が激減する人、しない人に分かれます。

不安感が消えないのは、上記の図を参照して頂くとご理解頂けると思いますが、本当の原因にはアプローチしていないからなんです。

というよりも、紙面ではそれを解放する手段をお伝えするのには限界があるからで、不安感が拭えないのをご自身のせいには決してしないでくださいね。

今回のエクササイズは、庭の雑草を刈ったみたいなものでしょうか。

たくましい雑草(不安)は根がしっかりしているのですぐにニョキニョキと不安を育ててしまうのです。

不安感が強い人は「繊細さん」気質の持ち主であって、それは短所ではなく長所です。

ただ今は不安感が前面に出ているので、生きづらさという形で表れているだけなんです。

不安感が強い人をたくさん見てきて思うのは、不安感の後ろにはとても素敵な資質が隠れているということです。

なのでその不安感をそっと優しくほどいたとき、生きづらさは贈り物だったと心の深~~いところで感じるはずです。

それが自分自身を丸ごと受け入れて愛するということなんです。

いつの間にか生きることや自分自身に自己信頼をおいていることに気がつくはずです。